スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

母性

410NXeHIE7L__SL500_AA300_.jpg

2012年12月 新潮社発行

母性って、女性なら誰もが持ってるわけじゃない、一種の神話になってる領域
に踏み込んだ作品ともいえる気がします。


”主人公である母”が自分の母と娘に対する感情を、立場の使い分けによって
目線を変えて描いた母娘の物語としてストーリーが展開していくけど、さす
が”湊かなえ”ワールド!って感じです。

作者の刊行記念インタビューを読み、昨今の母親による子殺し事件等を思い
考えてしまうことが多々あります。

どうしても子育てには、母の役割が大きく左右されるので、ある意味怖いな~
って。
その覚悟があって親になる人なんて、ほんの一握りもいなくて、何となく
結婚して、周りに「子どもは?」と言われて、子どもを作って、大勢の女性が
そう生きてきた昔、
今は、少し女性の意識も時代も変わりつつあるけど、まだまだ女性と母性に
関する神話が残ってる現在、
だから少子化が進むのかな?
なんてことも考えさせられてしまう作品です。

果たして私に母性はあるのだろうか・・・?


スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

シャム猫chiko

Author:シャム猫chiko
中島みゆきと本&少女コミックが好きな”古”ギャルです

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2ブログランキング参加中
ワンプッシュお願いします m(__)m
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索フォーム
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。